自撮り棒でスマホが落ちる場合の対処法

自撮り棒を使っているとスマホがよく落ちてしまう!!!

せっかくこれまで大事にスマホを使ってきたのに…これじゃあ自撮り棒を使えない…

という人のために自撮り棒を使っていてスマホが落ちる場合の対処法をお教えいたしましょう。

原因

自撮り棒がスマホから落ちてしまう原因は自撮り棒によって違ってきます。

ですが、殆どの自撮り棒はスマホを支える方法として、伸縮性のある型でスマホを締め付けるという方法をとっています。自撮り棒の使用中にスマホが落ちてしまうのはこの型の中に入っているバネがのびきってしまい、スマホを締め付ける力が弱くなっているために起きているのです。

そういうわけでこれに対する対処法は…

応急処置

とりあえずの応急処置として考えられるのは「ゴム紐で縛る」でしょう

自撮り棒はスマホを締め付ける力で支えているので、その上からさらなる締め付け力を加えてあげるわけです。

ゴム紐で縛るのであればお手軽ですし、どの家でもゴム紐はあるため出来ますからね。もし無くても100均に売っています。

スマホを付けたり取ったりするたびにゴム紐で縛ったり取ったりするのは面倒ですが、スマホが落ちてバラバラになるとか川に落ちる可能性を考えるとこの手間くらいは惜しまずかけましょう。

もしくは「スマホに厚めのカバーをつける」というのもありです。

スマホの形を大きくすると、スマホを掴むバネを更に伸ばすことになり、締め付け力がUPします。とにかくスマホの横幅は大きければ大きいほど自撮り棒がスマホを掴む力はUPするので、スマホの形を横幅を大きくするためにカバーを付けるというのはかなり効果的です。いらないカバーを持っているのであれば試してみましょう。

ワゴンで売られている200円くらいの厚手のカバーを買って取り付けてもいいと思います。

根本から治す

根本から治すためにはバネとドライバーが必要です。自撮り棒のスマホを掴む部分を分解すると、中にバネが入っていると思いますが…そのバネを交換してあげれば締め付ける力が戻ってきます。

自撮り棒みたいな安い製品に使われているバネはすぐに伸びて駄目になってしまうので、どこかで交換が必要というわけですね。どのバネが必要かというのは一度分解してみなければ分からないのでかなり手間は掛かりますが、買い直すよりは安くすむでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3644