自撮り棒の選び方:激安の物かシャッター付きのどちらを買うべきか

自撮り棒で最も大切なのは何でしょう。値段?機能?使いやすさ?

そうですね…全て大事です。全て大事ですが、あなたがこれを読んでいるということは自撮り棒にたくさん種類がありすぎてどれを選んだらいいのか分からないか、もしくはこれから自撮り棒を買おうと思っているがどれが一番評判がいいのかを求めているのでしょう。

最近話題になりつつ自撮り棒は、少しづつその市場も拡大してきており、制作に参入するメーカーも同時に増えてきております。すなわち自撮り棒もかなり種類が増えてきているということです。

今回はたくさんある自撮り棒からどれを選んだらいいのか分からないあなたのために、値段・機能・使いやすさに絞って自撮り棒の選び方を紹介していきたいと思います。

自撮り棒の種類

現在販売されている自撮り棒は大きく分けると2つの種類があります。

1.ただの棒

2.手元でシャッターを押せる機能付き自撮り棒

今のところ全てが自撮り棒と呼ばれていますが、個人的に自撮り棒と呼んでいいのは2番のものだけだと思っています。詳しく解説していきましょう。

1.ただの棒

31qDJ9iEeDL._SL160_

メリット:とにかく安い!

デメリット:手元にシャッターがあるのと比べると非常に不便

1番の「ただの棒」というのは手元にボタンも付いていなければ、シャッター用ボタンも付属しておりません。これを使うにはスマホにセルフタイマーをセットし、セルフタイマーが切れる前に自撮り棒を持ち、ポーズを撮って、セルフタイマーが切れるまでポーズを維持する必要があるということです。

面倒くさいですね。自撮り棒黎明期、まだスマホのカメラよりデジカメの方が人気があった時代に誕生したと思われる自撮り棒の始祖鳥のようなこの棒は、基本的には家電量販店で自撮り棒を求めてやってきた客を騙して売るために自撮り棒の横に置かれている事が多いです。ダマされないようにしましょう。

自分と財布を守るためにも、自撮り棒を店で買う時は「これには手元で押せるシャッター付いていますか?」とレジや店の人に聞くようにしましょう。

じゃあこのただの棒は絶対に買うな!というかと言われると、いちおうメリットも有ります。ただの棒は圧倒的に安いのです。

シャッター付きのものはだいたい3,000円前後が相場となっていますが、ただの棒は1,000円から購入することが出来ます。もしかしたらそれ未満で買うこともできるかもしれません。なんといったってただの棒ですからね。もしかしたら100均にも置いてあるかも…

とにかく自撮り棒なんかに3000円も払っていられない、撮影が面倒くさくてもいいから安いのがいい!!という人にはこれで十分かもしれません。もちろん私は3,000円でシャッター付きの自撮り棒をオススメしますが、常にお金のない学生さんなんかはこういうのもいいかもしれませんね。

2.手元でシャッターを押せる機能付き自撮り棒

メリット:ただの棒と比べると非常に便利

デメリット:値段がちょっと張る&種類が多すぎてまた選ぶのが難しい

真の自撮り棒です。スマホをブルートゥースかイヤホンジャック経由で繋ぐことにより、自撮り棒の手持ちの部分でシャッターを押せるようにしたものです。

ただの棒との見分け方は簡単。手元でシャッターを押せるタイプの自撮り棒にはそう書いてありますが、そうでないものには書いてありません。セールスポイントですから手元でシャッターを押せるタイプのものにはデカデカとそう書いてあるはずです。

Screenshot_478

もしくはブルートゥースマークやAndroid、アップルマークを探してもいいでしょう。

apple-android-bluetooth-logo

これらがパッケージに書いてある自撮り棒は手元にシャッターが付いている可能性が高めです。

まあ、店員に聞いてみるのが一番はやいのですが…聞けない人はこれで判断しましょう。

まとめ

とりあえず自撮り棒の選び方はこれくらいです。

まとめると…

安さを求める人はシャッターのような便利機能は無いけど安いタイプの自撮り棒を買いましょう。

例えばこれ↑は500円から購入することが出来ます。ただし、スマホを支える棒以上の機能は持っていないため、セルフタイマーで撮影する必要があります。

利便性を求めるのであればこのようなシャッター付きの自撮り棒を買いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3643