自撮り棒の選び方:ブルートゥースかイヤホンジャックか?

自撮り棒の選び方:激安かシャッター付きのどちらを買うべきかでは激安の自撮り棒、シャッター付きの自撮り棒があるという事について解説いたしました。

私のオススメはシャッター付きですので、シャッター付きを買おうと思った人はこの記事が非常に役立つでしょう。

シャッター付き自撮り棒にもいくつか種類があるので、今回はそれについて詳しく解説していきます。

シャッター付き自撮り棒の種類

手元にシャッターがついた自撮り棒ですが、これにもさらに種類が2つほど存在します。

A.イヤホンジャックでつなぐタイプ

B.ブルートゥースでつなぐタイプ

難しい単語が出てきましたね、両方覚えておく必要はありません。知るべきは自分が今買おうとしている自撮り棒はどちらのタイプか?という事のみです。

AタイプかBタイプかは簡単に判別することが出来ます。

イヤホンジャックでつなぐタイプはパッケージか商品説明の写真がおおむねこうなっているはずです。

31msE7ep4QL._AA160_

自撮り棒から伸びたケーブルがスマホのイヤホンジャックに繋がっていますね。これがイヤホンジャックタイプです。自撮り棒からスマホに繋がっていなくても、イヤホンジャックでつなぐ有線のタイプであれば自撮り棒から何かしらの線が飛び出ているはずです。

一方でブルートゥースでつなぐタイプの自撮り棒には必ずこのマークが付いています。

2000px-BluetoothLogo.svg

100%付いているので探してみましょう。無い場合は恐らくイヤホンジャックで繋ぐタイプか、もしくはシャッターが付いていない可能性があります。

さてこの2つの接続方法ですが、どちらのほうがどう便利なのでしょうか。両方共説明していきましょう。

イヤホンジャックで繋ぐタイプ

スマホ自撮り棒(セルフィースティック)最新モデル☆Bluetoothよりも簡単便利! 設定不要、手元でワンタッチ撮影

メリット:設定完全不要

デメリット:撮影まで若干手間がかかる

このタイプの自撮り棒を使うには、自撮り棒についているケーブルをスマホに刺す必要があります。つまりスマホピアスを付けている人にはかなり不便になるという事です。

スマホピアスを付けている人が自撮り棒で写真を撮るには、まずスマホピアスを抜いて、それをポケットに収め、自撮り棒を取り出し、自撮り棒のケーブルをスマホに挿し、それでようやく撮影が可能になります。

スマホピアスを付けていない人でも自撮り棒を使うたびにケーブルをスマホに刺す必要があります。

それではいったいなぜイヤホンジャックで繋ぐ必要があるのでしょうか?それは設定の簡単さにあります。

このタイプの自撮り棒は設定をする必要が全くありません。ブルートゥースみたいなちょっと最新の技術の単語が頭に入ってきただけで頭痛がするレベルの機械音痴の人でもなんなく扱うことが出来ます。

ブルートゥースなんか聞いたこともないし、使える気もしないし、絶対に自分ではどうしようもないだろうと確信している人はこのタイプの自撮り棒を買うのがいいでしょう。

ブルートゥースでつなぐタイプ

ダウンロード

メリット:自撮り棒を取り出してから撮影までが非常に短い。

デメリット:設定が若干難しい。自撮り棒自体の充電が必要。

ブルートゥースでつなぐタイプはまず設定でつまづく人が出てくるでしょう。ブルートゥースというのはよく出来た赤外線通信機能のようなもので、これを使ってスマホと自撮り棒を接続してシャッターを連動させます。

スマホユーザーのほとんどはブルートゥースに触ったことすら無いと思われるので最初は戸惑うかもしれませんが、一度設定してしまえばあとは非常に楽になります。

ブルートゥースでつなぐタイプの自撮り棒には必ずスイッチが付いており、これによって自撮り棒のシャッター連動のオン・オフを切り替えることが出来ます。一度ブルートゥース接続をしてしまえばシャッター連動スイッチがオンになった瞬間自動的に連動されるので、それ以降は繋ぐ必要は全くなくなります。

すなわち、ブルートゥースのたいぷであれば自撮り棒を取り出しスマホを繋げば即 写真を取り始められるというわけですね。ディズニーランドなどで並んでいる間でもさっと取り出して撮影できるので、もし取り出している間に列が進んでも後ろの人を待たせることがありません。

ただし…このタイプの自撮り棒は充電する必要もあります。これもネックですね。面倒くさがりでスマホの電池もすぐ切れてしまうみたいな人はちょっとやめておいたほうがいいかもしれません。

充電はかなりもつのでよほどの連続使用をしない限りは大丈夫だとは思いますが…

まとめ

簡単にまとめてみましょう。

イヤホンジャックで繋ぐタイプは設定も充電も必要ないが、スマホと接続するのに時間が掛かる上、イヤホンジャックを利用するのでスマホピアスを付けている場合はおすすめできません。

ブルートゥースで繋ぐタイプは設定が難しいが一度連動してしまうと非常に簡単で素早く利用できるが、充電が必要です。

面倒くさがりな人はイヤホンジャックタイプ、その自覚がない人はブルートゥースを選ぶといいでしょう。

ちなみに私はブルートゥースタイプを使っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3643