自撮り棒でアウトカメラを使って撮影する方法とそのメリット

たまに自撮り棒で撮影していると、ちょっとスマホに詳しい友人などに「自撮り棒はアウトカメラで撮影したほうが全然いいよ!」と言われたりすることが有ります。

何故自撮り棒を使っていながらアウトカメラ、つまりスマホの外側のカメラを使わなくてはいけないのでしょうか?という疑問に今回は答えていきましょう。

アウトカメラとは

そもそもアウトカメラというのは何なのかが分からない人のために簡単にアウトカメラについて解説いたしましょう。

スマホには基本カメラが2つ付いていますよね。自撮りをするときに使うカメラと、そうでない時に撮るカメラ。

自撮りをするときに使うカメラはこちらを向いているので、インカメラ(インサイドカメラ)と正式には言います。

対してもう一つのカメラは外側を向いているのでアウトカメラ(アウトサイドカメラ)と言うわけです。

アウトカメラのメリット

いやいやインカメラがすでにキレイに取れるのになんでアウトカメラなんか使わなくちゃいけないのよ?それにアウトカメラで自撮りするってどう考えても難しすぎるでしょ!と思ったかもしれません。

それでもアウトカメラで撮影する意味はあります。それは…アウトカメラはインカメラに比べて画質がとんでもなく良いからです!

いちど同じものを撮影してどれほど違うか確認してみるといいでしょう。たぶんひと目でわかります。

自撮り棒は基本的に背景を入れて撮影するので、画質の良いカメラで撮れば背景が綺麗に写ってさらに映えるというわけです。

もちろん画質がいい分映ってほしくない自分の顔のあらも映ってしまいますが…そこはその日のコンディションによって使い分けることにより対応しましょう。

自撮り棒でアウトカメラ撮影をするには

自撮り棒でアウトカメラ撮影をする方法は至極単純です。

いつもは画面をこちらがわに向けている所、反対側に向ければいいだけです。

そうするとシャッターを押す際にカメラがどっちに向いているのか分からなくなってしまいますが、そこは何回も角度を変えて撮って見るとか、なんども撮影して慣れるなどしておきましょう。

鏡付き自撮り棒を買うという選択肢もあります。

サンワダイレクト セルフィースティック 自撮り棒 デジカメ スマホ 対応 画面確認用ミラー付 200-CAM023

アウトカメラを使って撮影するという概念が無い人が見ればなんかアホっぽい画像ですが、今ではこの自撮り棒の便利さがよくわかりますね。

ちなみに上の画像はサンワダイレクトの鏡付き自撮り棒です。

 結局アウトカメラで撮るべきかどうか

もし私が「結局自撮り棒はアウトカメラで撮るのが一番いいの?どうなの?」と聞かれたらこう答えるでしょう。

「そうですね…個人的にはインカメラで十分だと思います。」

最近のインカメラの画質はかなり上がって来ていますし、何より鏡なし自撮り棒でアウトカメラを使っての撮影は難易度が高すぎます。

慣れれば自在に撮影をすることも可能かもしれませんが…そこまでが大変です。

また、たとえ鏡付き自撮り棒を持っていたとしてもせっかく自撮り棒を使っているのに鏡を見て調節している姿は何も知らない人から見ると滑稽に見える気がします。

道行く人に「自撮り棒ってスマホの画面見ながら撮影できるから便利なんじゃないの…?鏡使っているのはいったい…??」と思われるでしょう間違いなく。

ただ、これらの要因よりも「高画質で自分と背景の写真を残したい」という気持ちが強くあるのであれば絶対アウトカメラでの撮影をオススメいたします。

インカメラの画質は良くなってきたとはいえ、アウトカメラにはぜんぜん敵いませんからね~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3643