自撮り棒をクレーンゲームの景品として見つけました

個人的にクレーンゲームことUFOキャッチャーが大好きなので、ゲームセンターを見かけると必ず入ってUFOキャッチャーだけ見ることにしています。

今日はダイエーに行って最上階にあるUFOキャッチャーを見てきたのですが…なんとそこに景品として自撮り棒が置いてありました。

景品自撮り棒

問題の自撮り棒はこちら

2015-02-18 17.42.38

シャッター機能付き自撮り棒、全四種、電池不要、最長110cmといううたい文句が描かれています。

見てみるとどうやらこれは今主流であるイヤホンジャックをスマホにさしてシャッターを切るタイプの自撮り棒のようです。意外と流行に敏感ですね~

どうにかして自撮り棒を穴に落とせばGETのようでしたがどうみても不可能っぽかったので挑戦はやめました。2015-02-18 17.42.30-1大きめのゲーセンなら店員に「コツを教えてくださいよ~」と話しかけるといい感じの所に動かしてくれたりするので、ちょっとやっても不可能そうなのであれば迷わず店員に助けを求めましょう。

今回のゲーセンではいま最もポピュラーなイヤホンジャックをスマホに刺すタイプの自撮り棒でしたが、おそらくゲーセンによってはBluetoothの自撮り棒だったり、何の機能も無い棒だったりするはずです。

もし自撮り棒をマジでクレーンゲームを利用し取りたいのであれば、絶対にその前にその自撮り棒がどういうタイプか見極めましょう。

私が今回見かけたイヤホンジャック型の自撮り棒、もしくはBluetoothで無線接続できる自撮り棒といった手元でシャッターが切れる自撮り棒であれば1000円くらいまでなら出してもいいと思いますが…

ただの棒だけの自撮り棒なのであれば100円でとれなければあきらめましょう。正直言って手元でシャッターがとれない自撮り棒は全然使い勝手が悪いので…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3643