自撮り棒のおすすめ:楽天で買える版

自撮り棒のおすすめはこれだという記事を書きましたが、私がいつもアマゾンを利用しているため主にアマゾンで買える自撮り棒のおすすめリストとなっています。

ですが日本のEコマース人気1位は楽天市場であるため、今度は楽天で買える自撮り棒のおすすめリストを作ろうかと思います。楽天とアマゾンでは全然売ってる物が違いますからね。それでは早速行ってみましょう。

ちなみに今回紹介する自撮り棒はiPhone・アンドロイド両方に対応しています。

自撮り棒のおすすめ楽天版:1番のおすすめ

もう一つの記事でも書きましたが、やっぱり値段、機能をとってもこれが一番のおすすめです。

自撮り棒は4ヶ月前は1個3000円からだったのに、だんだん値下がりしてるのがいいですね。

この自撮り棒は今はやりのイヤホンジャック型の自撮り棒です。上の商品画像を見てみると自撮り棒からイヤホンジャックに刺せるコードが伸びていますね。

イヤホンジャック型の自撮り棒で自撮りをしたければスマホを自撮り棒に繋ぎ、自撮り棒から伸びているコードを刺し、カメラアプリを起動して手元のボタンを押すだけです。簡単ですね。ブルートゥースとの接続なんていうちょっと難しそうな設定をする必要は全くありません。

ただ…あまりにも安すぎると機能面やもしかして巷で噂の違法自撮り棒的なアレに引っかかるんじゃ無いかと思うかもしれませんが、それもクリアしています。

まず機能ですが、この自撮り棒は最も基本的な機能だけを備えることだけに特化しています。「自撮り棒とスマホを繋げてシャッターを切れば自撮りできる」という機能だけしか無いためこれだけ安く売ることが出来る訳ですね。実際それ以外の余計な機能を付けて値段を吊り上げられても困るだけですし賢明な判断だと思います。

また違法自撮り棒についてですが、これも問題はありません。。違法自撮り棒というのは国の認可を受けていない電波を飛ばす機能を持った自撮り棒のことを指すので、電波を飛ばさないこの自撮り棒にはそもそも関係ありません。自撮り棒とスマホを電波で連動するタイプの自撮り棒なら違法になる可能性がありますが、これはイヤホンジャックにつないで連動するタイプの自撮り棒なので全く問題ないというわけですね。

特に自撮り棒に追加機能を求めていないのであればこれを選んでいいと思います。イヤホンジャックにスマホピアスを付けている人は取り外しが少し面倒くさいかもしれませんが…

スマホピアスを付けていて、取り外すのはどうしても面倒くさいという人は無線で繋ぐタイプの自撮り棒を買うといいでしょう。

自撮り棒のおすすめ楽天版:無線で繋ぐタイプ

無線で繋ぐタイプの自撮り棒を探しているならこれがおすすめです。

まずスマスティックは1度設定してしまえばもうとんでもないくらいお手軽になります。スマスティックはブルートゥースと呼ばれるiPhoneやアンドロイドに標準搭載されている無線機能を使って自撮り棒とスマホを連携させています。

このブルートゥースは一度設定してしまうと、自撮り棒の電源を入れただけで連携を初めてくれます。つまりCable Take Poleでは自撮り棒にスマホをセット→スマホと自撮り棒を接続→撮影という手順をかけていたので、ブルートゥースを使う自撮り棒ならスマホをセット→撮影という2ステップだけに減るのです。

これはどういう時に都合がいいのかというと、たとえばUSJなどで列に並んでいる時などに有用です。列に並んでいる時にさっと自撮り棒で自撮りをしようと思ったら、列が進む前にさっと撮影してしまう必要があります。しかしイヤホンジャック式だと手間取ってしまうところ、ブルートゥース式なら即写真が撮れるので…列が先に進んでしまった後に感じる後ろの人からの視線に耐える必要が無くなります。

頻繁に自撮り棒を使いたいという人、もしくはスマホにスマホピアスを付けている人も出来ればブルートゥース版を選んだ方がいいと思います。イヤホンジャックに繋ぐタイプの自撮り棒をスマホピアスが付いているスマホと連動させて使うのは付けたり外したりを何度もしなくてはいけないので面倒ですからね…

無線の自撮り棒と聞くと先に言及した違法自撮り棒のことを思い出すかもしれませんが、スマスティックはちゃんと国から認可を受けています。国による安全基準に達したという印として技適マークというものがあるのですが、スマスティックはちゃんとそれを取得して販売しているのでスマスティックを使っているからと行っていきなり逮捕されると言うことはありません。安心しましょう。

まとめ

というわけで楽天で買えるおすすめ自撮り棒でした。まとめると…

特に自撮り棒にこだわりが無いのであれば上のやつを購入すれば間違いないが、スマホピアスを付けていたりかなり頻繁に自撮り棒で自撮りを取る人は無線で繋ぐスマスティックを買えばいい。

という感じでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3643