自撮り棒の起源は日本だった?!

今日インターネットをぶらぶらと見ているとなんと興味深い画像を発見いたしました。

なんとその画像では自撮り棒の起源が日本であるらしいということを示しています。いったいどのような画像なのか早速見ていきましょう。

Redditの「1995年に発行された『役に立たない日本の発明』という本の中にこんなものが…」というスレッドにて…

j1 j2こ…これは…!今世界で大流行している自撮り棒じゃないですか!!

上の画像では「セルフ写真カメラ棒:他人に気遣うこと無く自分で撮ろう!1人、もしくはカップルで旅行をしている時、自分が入った写真を撮ることは簡単ではありません。恥ずかしいし~」的な事が書かれております。

この「役に立たない日本の発明」という本はアメリカやカナダなど北米ではたまに見る本で、例えばこのようなものが紹介されています。

電車の中で寝ていても自分の降りる駅で起こしてもらえる上顔が倒れない装置

Japanese-Inventions-4足用カサ

feet-umbrella

ラーメンが首にはねない装置IMG_2680

などなど…本当に日本で発明されたのかは分かりませんが、いつか私がアメリカの本屋で見た「役に立たない日本の発明」の本にはこんな感じのよくわからない発明品が沢山並べられておりました。

その役に立たない日本の発明の本の歴史は意外と古いようで、その1995年に発行された役に立たない日本の発明の本にこの自撮り棒が載っていたというわけですね。

個人的に自撮り棒の起源はアメリカで、これが韓国に輸入されて爆発的に流行って日本にやってきたという流れだったのではないかと思っていたのですが…最初に自撮り棒の発想を考えたという点では日本の謎の発明家が最初だったのかもしれません。

もし自撮り棒の特許をこの発明家が取っていたのであればいまごろ信じられないレベルのお金を儲けていそうですね。技適マークすらしっかり取っていない自撮り棒が反乱する自撮り棒市場でちゃんと著作料を払っているかどうかは不明ですが…

そういうわけでもし今度自撮り棒はどこからやってきたのかという話し合いになったら胸を張って「どうやら1995年には既に日本に自撮り棒はあったらしい」と答えてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3643