自撮り棒が禁止されている理由と場所と対策

自撮り棒の流行は止まることを知らず、日に日に町中などで自撮り棒ユーザーを見る機会が増えてまいりました。

一方で聞こえてくるのが自撮り棒を禁止するという言葉です。なんと最近では場所によって自撮り棒を禁止する所も出てきているとか…

今回はどこで、そしてなぜ自撮り棒が禁止されているのか。そして自撮り棒が禁止されている場所で自撮り棒はどうしたらいいのかという対策を書いていきましょう。

自撮り棒が禁止されている場所

自撮り棒が禁止されている場所はまず有名なところから言うとディズニーランドでしょう。

せっかく楽しい夢の国に行くのに自撮り棒を買ったのに、ディズニーランドでは使用禁止と言われてガックリと肩を落とした人は少なくないはずです。

ディズニーランドは以前よりカメラ用一脚・三脚の持ち込みや利用が禁止されていました。というのもはるか昔三脚の利用が許されていた頃、パレードのいい場所に三脚を置いて写真を撮る人たちによる争いが絶えなかったため、やむを得ず一脚・三脚の利用を禁止したそうです。

自撮り棒は一脚と言われるとちょっと違うような気がしますが、ディズニーランドの公式見解では自撮り棒は一脚に当たると言う事なので、利用を禁じられています。

他に禁止されている所はイベント会場ですね。最近の例で言うと私が行った心斎橋の造幣局がやっている桜の通り抜けでは自撮り棒の使用が禁止されていました。

人が多く集まる場所で、かつ運営者が頭の硬い役人みたいな人な場合は自撮り棒の使用が禁止されている場合があります。

造幣局の桜の通り抜けでは自撮り棒が禁止されていたのですが、その周辺の露天のある当たりでは禁止されていませんでした。恐らく桜の通り抜けは造幣局の役人が主催していたので自撮り棒の禁止の通達を出したのでしょう。

これから先夏祭りや花火鑑賞などで自撮り棒を使う機会が増えてくるかと思われますが、祭り会場で自撮り棒の使用が禁止される可能性は大いにあります。

大いにありますが、私の予想ですが町や市が主催しているお祭りでは自撮り棒の使用が禁止され、商店街やデパートのような所が主催しているお祭りでは自撮り棒の使用は禁止されないでしょう。今年夏祭りで自撮り棒の使用禁止の通達を出す所はドローンの使用禁止の通達も出しそうな気がします。

ところで自撮り棒は何故禁止されているのでしょうか。

自撮り棒の使用禁止の理由とは

自撮り棒の使用が禁止されている理由はやはり「危なさそうだから」の一言に尽きるでしょう。

自撮り棒は100センチまで伸びるものが主流ですが、100センチというと小学生低学年くらいの長さはあります。小学生低学年を掲げて写真を取っているというと確かに誰かに当たりそうな気がしてきますね。

あまり自撮り棒がぶつかってきて危なかったというエピソードは私の周りで聞いたことはないのですが、これだけ売れているのならば日本のどこかで自撮り棒にぶつかってケガをした人の1人や2人いるかもしれません。

また、自撮り棒は縦に広くスペースを取って撮影する必要が有るため、誰かが自撮り棒で撮影している間は周りの人はそこを避けて通らなくてはいけません。

メチャクチャに混んでいるような場所で避けて通らなくてはいけない場所が出てきたら混雑度が増してしまいますから、それを理由として自撮り棒の使用を制限しているところもあるかもしれません。

自撮り棒が禁止されている場所での対策

自撮り棒が禁止されている場所で自撮りをしたい場合はセルカレンズを使いましょう。

iPhone6 iPhone iPad xperia android 自撮り棒 スマホ タブレット スーパー広角 カメラレンズ ...

セルカレンズ 超広角0.4倍レンズ
価格:1,480円(税込、送料別)

セルカレンズとはスマホに直接つけるレンズなのですが、これを付けて撮影をするとこう写ります。

2015-04-30 20.58.29 2015-04-30 20.58.25

違うところからの2枚の写真に見えますが…実はこれ同じ場所から普通に撮影したものと、セルカレンズを付けて撮影した写真です。

スマホの位置は少しも動かしていないのにセルカレンズ付きの下の画像では背景が全て写り込んでいます。

簡単に言うならセルカレンズはズームの逆を行うレンズなのです。ズームをすると近づきますが、逆ズームをすると遠ざかります。この逆ズームの効果をスマホのカメラに持たせることが出来るのがセルカレンズというわけですね。

セルカレンズのおすすめという記事もあるのでそちらもご参照下さい。

レンズは三脚でも一脚でもないので、何の問題もなく自撮り棒のような効果を持った写真を撮影することが出来ます。自分で手を伸ばして自撮りする分にはお咎めされることはまず無いはずなので、安心ですね。

他にはバレないように自撮り棒をちょっとだけ伸ばして撮影するという方法もありますが、スタッフに見つかったらすごく怒られます。やめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3643