日本の自撮り棒の規制が解除されるかも

最近入ってきたニュースによると、なんと日本で行われていた自撮り棒の規制が解除されるかもしれません。

一体どういうことなのか解説していきましょう。

日本の自撮り棒の規制

まずは日本の自撮り棒の規制について解説いたしましょう。

このサイトでも何度か説明してきましたが、日本では電波を飛ばす機械を扱う場合、その機械は国から使用許可を受けている必要があります。

電波を飛ばす機械は自撮り棒も当てはまります。そう…Bluetoothを利用した自撮り棒ですね。Bluetoothをつかった自撮り棒はスマホとの連携のために電波を飛ばす必要があるのですが、価格競争が激しい自撮り棒業界ではコストダウンのために技適マークを取っていない物が存在しています。

giteki_new

許可を受けている機械には必ず上の画像のような技適マークというものがついており、コレがついていない機械をつかってしまうと最悪電波法違反で逮捕され、1年以下の懲役または100万円以下の罰金刑をくらってしまうというわけですね。

これが現行の法律です。今これを変えようと言う動きがあるというわけですね。

技適未認証端末の合法化

とりあえずソースはこちら:総務省、「技適」未認証端末の使用を合法化へ――電波法改正を予定

タイトルが示す通り、技適未認証のものでも使うことが許可されるようになるというわけです。

こうなると金を払って技適マークを取るのがバカバカしくなり技適マークの形骸化が進むのでは…と一瞬思いましたが、さすがにそんなアホな真似はしないでしょう。韓国と同じように技適マーク無しで「売った場合」は逮捕になるが、「使用した場合」は問題ないという方向に行くのではないでしょうか。

ただソースを読んでみると海外製の技適マークのない格安スマホも日本で売られるようになるみたいなことが書いてあるので…もしかしたら技適マークではなくても技適マーク的なものを製造国で取っていたら日本でも使っていいという感じかもしれませんね。そうなると技適マークを取るのが安くて早い国で取って日本で販売するみたいなタックスヘイブン的な何かをする業者も現れてきそうです。

なんにせよ自撮り棒ユーザーにとってはいい話ですね。合法化されたあとは300円くらいの中国製Bluetooth自撮り棒をつかっても全然問題ないようになるんですから!

まあ…これら規制のせいで今や自撮り棒はすっかりイヤホンジャック型が主流になってしまっているので今更感も否めませんが…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: Parameter 1 to W3_Plugin_TotalCache::ob_callback() expected to be a reference, value given in /home/tabiyan3/xn--nbkw38m5ucd46a.com/public_html/wp-includes/functions.php on line 3644